ヨーグルトを使ったプチ断食の効果とは?

 

 

プチ断食にはさまざまな種類があり、正しい方法で行うことにより 「痩せる」、「デトックス」などの効果を得ることができます。

 

ただし、間違った方法でプチ断食を行ってしまうと体力が低下するばかりか、 大切な筋肉まで落としてしまうこともありますのでご注意を。

 

まず、失敗しやすいプチ断食とはどのような方法なのか、 ご説明させて頂くことにします。

 

最も失敗しやすいプチ断食とは、水分摂取だけで行う方法です。
それは、固形物が体内に入ってこないことによる空腹感が原因なのでしょうか? 空腹感、確かにそれは大きな問題です。

 

プチ断食を含めたダイエットを行う際、いちばんのネックはやはり 空腹感との闘いでしょう。
ですが、ここで少し考えて頂きたい問題があります。

 

「お腹が空いた」という感覚は、身体のどの部分から発信されているのでしょうか? 正解は「脳」です。
つまり、脳が満足する状態をつくり出せば、 最小限の空腹感でプチ断食やダイエットを成功させることができるはず。

 

であれば、その方法とは? それは、「咀嚼(そしゃく・噛むこと)」を行うということです。
そこでおススメしたいプチ断食の方法をご紹介させて頂くことにしましょう。

 

その方法とは、ヨーグルトによるプチ断食です。
ヨーグルトに含まれているビフィズス菌は、腸内の悪玉コレステロールを体外に排出させる役目を持ち、デトックス効果がバツグン!

 

ですが、この方法を行うにあたっては、ちょっとしたコツがあるんです。
それは、前述の「咀嚼」を行うということ。

 

これを行うことにより、脳は「食物を摂取した」という認識を持ち、満腹中枢に刺激を与えます。
つまり、これが空腹感を最小限に留めてくれるということです。

 

私たちの体内に留まっている食物が消化され、体内に留まるのは約48時間。
この時間を使って栄養価の高いヨーグルトによるプチ断食を行えば、体力の低下や筋肉の減少などの問題とは無縁で、ダイエットとデトックスの効果を同時に得ることができます。

 

48時間のプチ断食。 ご興味のある方は、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

 

ただし、ヨーグルトの原材料は牛乳であり、アレルギー指定成分です。
このプチ断食を行う前には、必ずアレルギーの有無を確認し、安全な状態で実行することを心がけましょう。