プチ断食を行う上での注意事項

 

プチ断食ダイエットは短期間の断食で身体をリセットすることができ、太りにくい体質へと変えることのできるダイエット方法です。
しかし一歩方法を間違えれば危険な状態へと陥ってしまう事も考えられます。

 

これはどのダイエット方法にも言えることですが、どんなダイエット方法も急激に痩せることはありません。
プチ断食ダイエットも同じで、正しい方法を守って行いましょう。

 

ではプチ断食ダイエットを行う際、どのような事に注意しなければいけないのでしょうか?

 

脱水に注意

人間の身体の70%は水分でできていると言われています。
そのため水分を摂取することはとても重要な事なのですが、プチ断食ダイエット中は特に意識して水分摂取を行ってください。
普段食べているご飯やおかずには水分が含まれており、知らぬうちに水分を摂取しています。
しかしプチ断食中は固形物はNGで水分のみ摂取可能です。
そのぶんいつも以上に水分を摂るよう心がけましょう。
特に断食1日目は体内の食塩と一緒に大量の水分が出ていきます。
最初は脱水症状になりやすい状態なので、気をつけましょう。

 

栄養素の補給

断食中の身体は一番始めに糖分が消費されます。
糖分は半日ほどで無くなってしまうので、お腹が空いた・力が出ない・フラフラする...といった状態になります。
この時少しでも塩分などのカロリーを摂取するだけで、断食中の辛さが全然違ってきます。
といっても固形物は食べれないので、酵素ドリンクや野菜ジュースで栄養素を補給するといいでしょう。
酵素ドリンクにはたくさんの栄養素がギュッと濃縮されているので、プチ断食ダイエット中でも楽に過ごすことができます。

 

タバコはNG

断食中のタバコは不整脈を誘う恐れがあります。
せっかく断食で身体をリセットしているのに、タバコを吸ってしまっては意味がありません。
何よりも健康への危険性が高まるので、断食中だけは禁煙しましょう。

 

プチ断食は3日以内にする

プチ断食なので、実施期間は最高でも3日以内にしておきましょう。
それ以上行うと生命の危険性も考えられるので、医師の指導のもと行うことが望ましいです。
あくまでも個人で行うため、3日以上の断食は危険です。